染付月桂樹文蕎麦猪口(そめつけ げっけいじゅ そばちょこ)

7,560円(本体7,000円、税560円)

定価 7,560円(本体7,000円、税560円)

購入数

【サイズ:径8×高6cm】

オリンピックの冠でおなじみ、月桂樹(ゲッケイジュ)。

古伊万里からの古典文様です。

ただ、この文様のついた古伊万里の蕎麦猪口は1700年代には登場していますが、
月桂樹が日本に渡来したのは1900年代に入ってからと言われていますので、
当時は月桂樹と呼ばれてはいなかったはずですね。

では、もともとは何を描いたものか…謎の残るデザインです。

やさしい連続文様が洋風な雰囲気もあり、利用場面の広がる一客です。