染錦桐文蕎麦猪口(きり)

sb031

5,400円(本体5,000円、税400円)

定価 5,400円(本体5,000円、税400円)

購入数

【サイズ:径8×高6cm】
初期伊万里からの定番、桐(きり)文様。
桐は中国では神の遣いといわれる鳳凰(ほうおう)の宿る木として人気があります。
また日本でも桐は紋章のデザインに用いられています。
このような背景から、古くから格式のある文様のひとつとして好まれています。
余白を生かしたデザインに赤絵(上絵)の赤と緑が利いた美しい蕎麦猪口です。